山野草調べ

花名 アケボノスミレ
科/属 スミレ科スミレサイシン類
分布 北海道南西部から九州中部までの太平洋寄りの内陸部に分布し、明るく乾燥気味の雑木林に生える多年草
特徴 草丈5〜10cmで、葉が未だ展開しない時期にガッシリした花柄を地面から直接立てる。葉は先が細く尖った心形で、花期は長さ4cm程、花後は6〜12cmになる。両面とも微毛があり、縁に鋸歯がある。
花は直径2.5cm程、花弁は厚く、側弁の基部に疎らな毛があるものと無いものがある。距はぼってりしていて、萼片の切れ込みは目立たない。花柱はカマキリの頭形で、突起は下に向く。色は鮮やかな紅紫色で美しい。他に黒紫色と白色がある。
花期 4中旬〜5月中旬
備考 葉が完全に展開する前に花を咲かせるのが最大の特徴。花時に全く葉がない個体もある。曙色からその名が付いた。
撮影場所 栽培品3年目

正面から 側面から(ボッコとした距) 花も大きいが種も大きいピンク色