山野草調べ

花名 エイザンスミレ(叡山菫)
科/属 スミレ科ミヤマスミレ類
分布 青森県から四国、九州の霧島山まで分布し、太平洋側の低山のこぼれ陽の射す木陰に生える日本特産種の多年草
特徴 草丈は5〜15cm。葉の裂け方は深く3裂する。花期の葉は長さ5〜9cm。花の後は10〜15cmと大きくなり、裂片も広くなって完全に3裂する。花は2.5cmくらい、普通淡紅紫色だが白に近いものまで濃淡に変化がある。花弁のふちは波打っている。側弁の基部は有毛。萼片は細長い。芳香がある。
白花品をシロバナエゾスミレという。
花期 4月上旬〜5月中旬
備考 変種にヒトツバエゾスミレ、ナルカミスミレ(白花品)がある。他に葉が裂ける仲間にはヒゴスミレ、ナンザンスミレなどがある。
撮影場所 山梨県都留市二十六夜山山麓

埼玉県飯能市子の権現山麓 栃木県足利市仙人ヶ岳山麓 栽培品