山野草調べ

花名 フジスミレ(藤菫)
科/属 スミレ科ミヤマスミレ類
分布 栃木県日光から群馬県足尾山地と限られた地域の沢沿いややや湿り気のある落葉樹林下に自生する多年草
特徴 草丈3〜8cm。花は直径1.5〜2cmで紅紫色〜紅紫色。側弁の基部に疎らな毛がある。花柱はカマキリの頭形。花柄は株の根元から出るが茎があまり伸びない。
葉は長さ2〜4cmの卵形で基部は心形。地面に沿って水平に広がる。表面は暗緑色で葉脈沿いに白い斑が入り、裏面は紫色を帯び、葉柄に毛がある。
全体にヒナスミレによく似ている。
花期 4上旬〜5月上旬
備考 花のあと根を水平に伸ばし、途中に子株を造る性質が強い(ミヤマスミレに同じ)種子は多くは作らず、小さい。
撮影場所 栃木県日光市山麓
花はヒナスミレに似る 距と萼片 葉の正面は綺麗な斑が入る