山野草調べ

花名 ヒゴスミレ(肥後菫)
科/属 スミレ科ミヤマスミレ類
分布 秋田県男鹿半島が北限。本州中部の内陸部を中心に九州の鹿児島県まで分布し、日当たりの良い乾き気味の落葉樹林下に生える多年草
特徴 草丈は5〜10cm。葉はほぼ完全に基部まで5裂するが、3全裂した側裂片がさらに深く切れ込む。花期の葉の長さは3〜6cm、花後は10cm程になり、各裂片の幅が想像できなくなるほど大きくなるのもある。花は直径2cmくらいで花弁のスッキリした清楚な白色。側弁の基部には毛がある。萼片は切れ込みが鋭い。花柱はカマキリの頭形。強い佳香がする。
花期 4月上旬〜5月中旬
備考 エイザンスミレに似るが、葉が細かく裂け、ほぼ完全に5裂する。広げると五角形になる。どちらかといえば西日本に多く自生し、他は点在する程度。
撮影場所 山梨県都留市今倉山山麓