山野草調べ

花名 ヒナスミレ(雛菫)
科/属 スミレ科ミヤマスミレ類
分布 北海道南部から九州中部に分布し、主に太平洋側の山地に多い。落葉樹林の沢沿いや半日陰などに生える多年草
特徴 草丈3〜8cm。花は直径1.5〜2cmで淡紅紫色で爽やか。側弁の基部には疎らに毛がある。花柱は明瞭なカマキリの頭形。花柄はあまり伸びず低い。花期の葉は長さ2〜5cmの長卵形〜披針形で基部は心形。葉の先は細く尖り鋸葉が目立つ。また両面とも荒い毛が多く、葉は地面に水平に広げる。
花期 4上旬〜5月上旬
備考 花が無いとシハイスミレに似る。
「スミレのプリンセス」と呼ばれている。
撮影場所 栃木県足利市仙人ヶ岳山麓