山野草調べ

花名 ヒトツバエゾスミレ(一葉蝦夷菫)
科/属 スミレ科ミヤマスミレ類
分布 栃木県から群馬県に掛けての関東北部、長野県北部、四国の一地域。
特徴 エイザンスミレの変種で、葉が単葉化したもの。葉の形に変化が多く、単葉、フォーク状に3裂するもの、不均等に2裂するものがある。花は極淡紅紫色から白色まであり、白花品はナルカミスミレと単名で呼ばれる。
花期 4月中旬〜5月中旬
備考 花後の葉は驚くほど大きく成長し、スミレの葉とは見えにくい。
撮影場所 栃木県足利市仙人ヶ岳山麓
三裂葉(淡紅紫) 3裂葉(白色)