山野草調べ

花名 キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)
科/属 スミレ科キスミレ類
分布 屋久島から北海道に分布し、亜高山〜高山の湿った草地や林縁に生える多年草
特徴 草丈5〜15cm。葉は2〜4cmの腎心形で柔らかく、表面や縁に毛があり光沢がない。葉先は円いかやや凹む。縁には波状の鋸歯がある。葉から長い柄を出して径1.5〜2cmほどの黄色い花をつける。唇弁は比較的大きく、上弁と側弁は上向きに反り返る。花弁の基部は無毛で距は短い。花柱の柱頭はY字形に分かれ、突起毛はない。
花期 6〜8月上旬
備考 タカネスミレに似るが生育場所が砂礫地や岩礫地に生えるのと葉の光沢で見分ける。
コマノツメとはスミレの古い呼び名
撮影場所 岐阜県新穂高右俣谷沢沿い

福島県飯豊山麓にて 珍種白花(秋田県秋田駒ヶ岳にて)