山野草調べ

花名 キスミレ(黄菫)
科/属 スミレ科キスミレ類
分布 山梨県以西、四国、九州に分布、太平洋側の陽当たりの良い草地や笹原mまた明るい落葉樹林に生える多年草
特徴 草丈5〜12cm。茎は直立する。葉の長さは2〜4cmで、表面は粉を吹いたような緑色。裏面は紅紫色を帯び、両面とも微毛がある。根生葉は心形。茎葉は上部で3輪生し細長い。
花は輝くような黄色で、直径1.5〜2cm。他の花弁に比べて唇弁は小さい。距は極小で、花弁の裏面は紅紫色を帯びる。側弁の基部には長い毛が密集している。
花期 3月下旬〜5月上旬
備考 別名イチゲキスミレ(一花黄菫)
撮影場所 栽培品