山野草調べ

花名 コスミレ(小菫)
科/属 スミレ科ミヤマスミレ類
分布 北海道南西部から屋久島に分布し、人里周辺の日当たりの良い道端や土手など、また山地の半日陰などに生える多年草
特徴 草丈5〜10cm。花は比較的大型の多花性で早咲き。直径1.5〜2cmで通常淡紫色だが変化に富み、純白花も見つかっている。側弁は無毛のものと有毛がある。距は太く長い。根は白色で長く途中から太くなる。葉は卵形で、葉裏は紫色を帯びるものが多い。葉や花柄も様々で無毛のものから全体に微毛に覆われてるものまで変化がある。
花期 3下旬〜5月中旬
備考 日本産のスミレで最も早く学名が付けられた。
撮影場所 栃木県宇都宮市内
栃木県宇都宮市内 栽培品