山野草調べ

花名 クモマスミレ(雲間菫)
科/属 スミレ科キスミレ類
分布 北アルプスや中央アルプスに分布し、岩礫地や岩塊の隙間などに生える多年草
特徴 地下茎から盛んに枝を出し増える。葉は暗緑色で、厚くて光沢があり、無毛。表側に巻く傾向は弱く、平に展開する。托葉に不揃いの鋸歯がある。花は上弁と側弁はやや反り返り、唇弁は細長い、また側弁に毛がない。花弁の裏面は紅紫色で、距は短い。花柱の柱頭は両側に張り出し、突起毛はない。
花期 7〜8月上旬
備考 日本のスミレの中では最も高所に自生する。キバナノコマノツメの仲間でタカネスミレの変種。他にヤツガダケキスミレ、エゾタカネスミレ等がある。
撮影場所 長野県松本市槍ヶ岳山麓