山野草調べ

花名 マルバスミレ(丸葉菫)
科/属 スミレ科ミヤマスミレ類
分布 北海道から九州屋久島に分布し、半日陰の土手や落葉樹林下生える多年草。特に柔らかくて崩れやすい斜面に多い
特徴 草丈5〜10cm。葉は長さ2〜4cmの卵形で先は丸みがあり、基部は心形。表面は緑色、裏面は淡緑色。葉のふちの鋸歯も丸みがある。葉や茎には粗い毛がある。萼片は緑色〜褐色。側弁の基部は毛が無い(有毛はヒゲマルバスミレという)花は直径2cm前後で白色。唇弁の紫色のスジは少ない。距は太くて長い。花柄や萼片には粗い毛が生える。花柱の上部は張り出してカマキリの頭形になる。
花期 4上旬〜5月上旬
備考 丸みのある葉と純白の丸みのある花が最大の特徴といえる
撮影場所 埼玉県飯能市吾野山麓
●本来マルバスミレという名はケマルバスミレの無毛品に当てられたものだが、無毛品は極めて希なので、両方を含めてマルバスミレと呼ぶようになった。普通花柄や葉には粗毛が多いが、無いものもある(無毛品)。なかには花弁の裏側が淡紅紫色に色づくものもある。花色においても希に淡紫色を帯びた花もある。
丸みを帯びた白い花弁が特徴 葉、花柄にビッシリと毛が 葉の表面が凹む(黒く見える)