山野草調べ

花名 ナガバノスミレサイシン
科/属 スミレ科スミレサイシン類
分布 茨城県南部から九州宮崎県までの大平洋側の雪の少ない地方に分布し、半日陰の適湿な落葉樹林下に生える多年草
特徴 草丈5〜12cm。葉は長さ5〜8cmの披針形で細長く、花期は基部が巻いていることが多い。色が濃く光沢があり、裏面は紫色を帯びる(葉の展開と共に薄くなる)縁は粗い鋸歯状。
花は直径2cm前後、色は淡紫色だがより淡く、花弁も細い傾向にある。側弁は無毛で、雌しべはカマキリの頭形で柱頭がくちばし状に突き出る。
花期 3下旬〜5月上旬
備考 名は葉の形がウマノスズクサ科ウスバサイシンの葉と似ていることから
撮影場所 山梨県都留市今倉山山麓
埼玉県飯能市子の権現山麓 (左同) 白花系 種子は黒紫色でした