山野草調べ

花名 ニオイタチツボスミレ(匂立坪菫)
科/属 スミレ科タチツボスミレ類
分布 北海道南部から屋久島に分布し、日当たりの良い草地や、疎らな落葉樹林下などに生える多年草。明るく乾いた環境を好む。
特徴 草丈5〜15cm。花は直径1.5〜2cmで花弁は丸みがあり重なり合うように咲き、紫色のスジは細い。花弁は濃紫色〜紅紫色で鮮やか。側弁は無毛。花柱は単純な筒形。花柄は株の根元から出るが茎があまり伸びない。花柄に微毛があるのが最大の特徴。根生葉、茎葉は長さ1.5〜3cmの卵形で基部は心形。葉の先は尖らず丸みを帯びる。花後の茎葉は細長くなる。名前の通り良い香りがする。
花期 3下旬〜5月中旬
備考 海岸近くのものは無毛が多く、地域によっては有毛のタチツボスミレもあるので間違えないように注意
撮影場所 栃木県小山市雑木林
櫛の歯状の托葉 距と花柄の状態 正面から
群馬県赤城山麓鍋割山 栃木県宇都宮市内公園にて