山野草調べ

花名 ノジスミレ(野路菫)
科/属 スミレ科ミヤマスミレ類
分布 秋田県から屋久島に分布し、低地の人里周辺で、田畑の周辺や墓地など日当たりの良い乾き気味の所に生える多年草
特徴 草丈4〜8cm。花は直径1.5前後で花弁の縁が波を打つ。花色は青紫色だが変化に富む。側弁は無毛。距は花弁と同じ青紫色で細長い。葉は長さ3〜6cmの細長いへら形〜長披針形で、葉のふちが波を打つ。花の後の葉は幅が広く、長三角形〜卵形になりコスミレとの区別が難しくなる。全草に毛があり、根は白い。また強い芳香がある。
花期 3下旬〜5月中旬
備考 スミレに間違えられやすいが、花期がやや早く、葉は立たず水平に広がる。
撮影場所 栃木県佐野市農道