山野草調べ

花名 オオバノキスミレ(大葉黄菫)
科/属 スミレ科キスミレ類
分布 島根県以北から北海道、主に日本海側の多雪地に分布し、落葉樹林の林床に生える多年草。西に行くほど標高の高い山地になる。
特徴 草丈5〜20cm。根茎を延ばし増える。根生葉は心形で先は尾状に尖る。茎葉の形は心形〜三角状心形で3枚、縁に毛があるものが多い。一番下の葉は離れて付く。長さ2〜8cm。托葉は三角形で全緑。花は全体に比べて小さめで直径1.5cm前後。側弁の基部には短い毛がある。花弁は黄色で、唇弁には紫色のスジがある。距は短くて目立たない。
花期 4中旬〜7月
備考 形態の変化が激しく、一番下の茎葉が離れて付くダイセンキスミレの仲間と、3枚の葉がほぼ輪生状になるエゾキスミレの仲間の、2つのグループがある。
撮影場所 秋田県阿仁町森吉山山麓