山野草調べ

花名 サクラスミレ(桜菫)
科/属 スミレ科ミヤマスミレ類
分布 北海道東部から鹿児島まで分布し、明るい落葉樹林下から草原に生える多年草。日本海側には少ない。
特徴 草丈8〜15cm。花期の葉身は長さ5〜8cmで三角状長卵形。花後の葉身は3倍くらいの大きさになる。葉柄が長く直立するので、花は葉の下に隠れて見える。葉柄に翼は無く荒い毛が疎らに生える。花は直径2.5cm前後。白濁した淡紅紫色から紫紅色で、上弁が大きく、側弁の基部には毛が密集する。花弁の先端が桜の花びらのように凹んでいることから、その名があるがハッキリと凹んでいるのは少ない。
花期 4月下旬〜6月中旬
備考 別名スミレの女王と呼ばれ、日本のスミレの花では最大の大きさ。
撮影場所 栃木県小山市雑木林
毛が密集して中が覗けない 距と萼片 葉の裏面
栃木県小山市雑木林 栽培品