山野草調べ

花名 ツボスミレ(別名:ニョイスミレ)
科/属 スミレ科ニョイスミレ類
分布 九州屋久島から北海道に分布し、田の畦などの向陽地から沢沿いの林の中まで少し湿り気のある場所に生える多年草
特徴 草丈5〜25cm。茎を斜め上に伸ばす。葉は長さ2〜4cmの先の尖った心形〜腎形で基部は深い心形。ふつう無毛で両面とも緑色だが疎らに毛があるものや、裏面が紫色を帯びるものもある。托葉は全縁または疎らな鋸歯がある。
花は白色の直径1cm前後。唇弁には緻密な紫色のスジがあり、側弁の基部には毛がある。雌しべの柱頭は上部が少し左右に張り出す。距は短くぼってりしている。
花期 4〜6月
備考 仲間では、高山型のミヤマツボスミレ、変種で葉がブーメラン型のアギスミレ、屋久島のコケスミレが自生する。
撮影場所 群馬県赤城山麓鍋割山

市内道路脇で見かけたツボスミレは、葉茎はあまり立ち上がらず横に這う感じであった。また葉は厚く光沢があった。 こちらは標高が600mのダム近辺に咲いていた。やはり茎は横へ這い、花柄がヒョロッと立ち上がっている。